自分の感情を管理して冷静に取引を行なう

9sdfsd333




FXをやったことがある人も増えてきましたが、中にはFXで大損してしまったという話を聞くこともよくあるかもしれません。しかし以前ニュースにもなりましたが、FXでの利益を申告せずに脱税で告発された人がいるように、FXで大きな利益を上げている人が実際にいることも事実です。このように、大損した人と大儲けした人の違い、つまりFX比較検討とは、いったい何でしょうか? それが運だけなのかと言うと、それは違います。ではここで、そのポイントをいくつか上げてみましょう。

・自己管理

景気というのは、気という言葉がつく通り、人の気分によって左右されるというのを聞いたことがありませんか? そしてそれと同じことが言えるのが、実は為替チャートなのです。経済というのは、人間が行っている活動です。つまりそこには必ず、人間の心理や感情が関係してくるのです。為替で簡単な例を上げれば、人は、いろいろな考え方や理由、そして感情によって、通貨を取引し、そしてその結果の為替チャートを見て、またいろいろな考えをして、感情を揺さぶられることがあるのです。そしてここで大切になってくるのが、この感情の部分です。感情というのは、理屈を超えたものですが、感情に従っていては、決してFXでは利益を出すことができません。つまり常に自分の感情を管理して、冷静に取引を行なうことが、FXで成功する秘訣の基本となります。

・逆指値注文を活用する

大損しないことは、結果的に利益を出すことにつながります。つまり利益を得るには、損を最小限に抑えることに目を向けることが重要です。為替レートは、突如として大きな動きをすることがあります。そしてそれが、自分にとって不利な方向へ動くことも当然あります。そんな時に備えるために、常に逆指値注文を出しておき、リスク管理をしておくことは重要です。手元資金がゼロになってしまっては、損を取り返すチャンスはありません。しかし、しっかりと損切りをしておけば、その資金で取り返すチャンスはあるのです。そして1つひとつの結果に一喜一憂するのではなく、より大きな視点で取引をすることも大切です。

・取引のルールを必ず守る

先に出した自己管理と通じるところもありますが、FXで利益をあげるには、あらかじめ自分の中でルールを決めておくこと、そしてそのルールは、どんなことがあっても守ることが大切です。取引を行う前は、冷静です。その冷静な時に、このレベルで損切りする、ここまで来たら利益を確定するというのを決めておくのです。そして感情に左右されず、そのルール通りの取引を行います。FXにかぎらず、投資で安定的に利益を上げている人のほとんどは、これが実践できている人と言えるでしょう。と、ここまで大損しないルールのようなものを紹介しましたが、今では多くのFX業者がFXエキスパートをスタッフに迎えており、トレーダーがいつでも相談できるシステムを取り入れているようです。口座開設が簡単なiForexも例外ではないと思います。